飲む前に知ろう!酔いの仕組み

 酔ってしまう前に「酔いのメカニズム」について、簡単に触れておきます。そもそも、なぜ人はお酒を飲むと酔っ払うのか?そして何故?二日酔いになるのだろうか?

 

 酔いのメカニズムを理解しておくことは、「二日酔いにならない」、あるいは「二日酔いの症状が楽になる」ための効果的な方法を探るうえでも、重要なことです。

 

 順番に見ていくと、まず、ビールに焼酎、日本酒、ウイスキー、ワイン……、どんな種類のものであれ、アナ夕の口に入ったアルコールは、そのおよそ20%が胃で吸収され、残り80%が小腸で吸収される。そして、ものの数分もしないうちに、血管に入り、全身にめぐっていく。
 気分が高揚したり、足下がおぼつかなくなったり、ろれつが回らなくなったりという、いわゆる「酔い」の症状は、こうやって体内に入ったアルコールが、脳の活動をマヒさせることによつてもたらされるものなのである。

 

 ただし、アルコールの侵入を許した体の方も、この間ただ黙って手をこまねいているわけではない。とめどなく流れ込んでくるアルコールを、何とか分解し、体外に排出しようと努力しているのだ。この「代謝」と呼ばれる慟きを行うのが、いうまでもない、肝臓である。

 

 体内に入ったアルコールは、一部が汗や尿、呼気とともに自然に体外へと排出されていくものの、そのほとんどは、血管を通って肝臓に運ばれていく。肝臓は、運ばれてきたアルコ|ルを、まずアルコ?ル脱水素酵素(ADH)により「アセトアルデヒド」という毒性を持った物質に分解する。多くの人が聞き覚えがあることと思うが、実はこの「アセ卜アルデヒド」こそが、頭痛、めまい、吐き気といった二日酔いの症状の元凶となるのだ。

 

 通常「アセ卜アルデヒド」は、次にアルデヒド脱水素酵素(ALDH)という酵素の働きによって、酢酸に変わる。そしてさらに、酢酸は肝臓を出て全身の筋肉や脂肪組織をめぐり、やがて水と二酸化炭素に分解されて呼気や尿から排出される。これでアルコールの「代謝」は無事完了……ということになるのだが、実際はそう簡単にはいかない。

 

 アルコ?ルが「ァセ卜アルデヒド」となり、酢酸、さらに水と二酸化炭素、となっていくこの一連の過程には、かなりの時間が必要とされてくるのだ。個人差はあるものの、ビール大瓶|本、日本酒一合に含まれる量のアルコールを分解するのに、普通の人でだいたい三時間かかるといわれている。

 

 ここで酒飲みの方々には我が身を振り返ってほしいのだが、アナタがどこかの居酒屋や自宅でお酒を飲むとき、ビール大瓶一本をいつたいどのくらい時間をかけて飲み干すだろうか。10分、20分、どんなに長くても、せいぜい一時間といったところではないか。そして瓶の中身が空っぽになったら、すかさず「もうI本」。すると次々に流れてくるアルコールに肝臓の代謝能力が限界に近づき体内には分解できないアルデヒドが蓄積されていくのである。
 ジョッキ1-2杯なら単純に6時間くらいですべてが代謝され気分よく寝付け朝の目覚めもバッチリである。しかし、もっと大量に摂取した場合は寝ている間にアルデヒドが分解できずに体内に残った状態で目が覚めるので二日酔いになるのである。

 

最も効果的な二日酔い対策

 二日酔いにならないためにはいったいどんな対策が効果的となってくるのか、ということについて考えてみたい。率直にいえば、一番の対策は、自分の「代謝」能力を超えた量のアルコールを飲まないことである。
 単純に言うと飲みすぎないこと!それだけである。

 

 だが、そうもいかないのがお酒と言う奴!そこで、基本的な考え方の方向性として、以下の三つをよく頭の中に入れておいてほしい。

 

  • アルコ?ルの分解で大量に消費された水とエネルギーを補給
  • 肝臓の「代謝」機能を高める成分を体の中に取り入れる
  • 尿や汗、呼気などによって、できる限り体外にアルコ|ルを放出する

 

これら三つの方向性に沿ったものが、本当に意味のある二日酔い対策である。逆にそうでないものは、基本的に「眉つばもの」と思っていいだろう。ただ何度もいうようだが、一番は何といつても「飲み過ぎないこと」である。「酒は百薬の長」などという言葉もあるが、それはあくまで、日本酒なら一合程度のごく少量に限ってのこと。アルコールの「代謝」のために夜通し働かされる肝臓にしてみれば、お酒は毒以外の何者でもない。たとえば日本酒三合程度の量でも、何十年も毎日飲み続ければ肝硬変になつてしまう。

 

 肝臓をいたわり、大酒はできる限り控える。最低限、週に二日は休肝日を設ける。そのことをよくよく肝に銘じたうえで、うっかり飲み過ぎてしまったときのために、このサイトで正しい二日酔い対策を知っいていただければ幸いであります。

 

 

おススメサイト

 二日酔いの方には、コレステロールが気になる方もいらっしゃるのではと思いコレステロールを下げる参考になるサイトを紹介します。高コレステロールは現代病です!いくら忙しい毎日でも放っておけば、生命を脅かす病気に発展する可能性があります。そして厄介なのが、高コレステロールでも自覚症状が無いことです。
 コレステロールを下げるコツを書いているサイトなので、特に糖尿病の人、喫煙の習慣がある人におススメです。コレステロール対策ノウハウがびっしり詰まっています!

 

詳しくは⇒自宅で対策!コレステロール対策

更新履歴